つくす.jp トップページおすすめサイト会社案内お問い合わせ更新情報サイトマップ
つくすメンバー登録つくすメンバー登録情報変更・解除
特定商取引法に基づく表示個人情報に関して
コンサートの決まりACPCウェブサイト利用規程
要チェック!耳より情報
絶対見て!
つくすメンバー登録
つくすメンバー登録解除
イベントスケジュール
受付公演リスト
インターネットによるチケット販売
仲間募集の声・ぺたぺた板
Try!つくす.jpオーディション&グロウアップ
アピール!リンク登録
オンラインショッピング
はや耳ダイアリー
人物紹介 この人を見よ!
つくす.jpBBS
つくす.jp携帯サイト
おすすめっ!サイト
お問い合わせ
アーティストニュース
ラリー・カールトン with special guest リチャード・ボナ

世界初となる豪華共演!偉大なるギター・ヒーローと
天才ベーシストが繰り広げるプレミアム・セッション


ラリー・カールトン with special guest リチャード・ボナ メンバー
ラリー・カールトン(ギター)
リチャード・ボナ(ベース、ヴォーカル)
ルスラン・シロタ(キーボード)
ジーン・コイ(ドラムス)
他メンバー未定



インターネット予約は5月25日(土)
12:00より行います。



発売日:2019年6月22日(土)10:00~


日程:2019年8月22日(木)
時間:開場18:00/開演19:00
会場:FFGホール (旧・福銀ホール)
料金:
全席指定 ¥8,500 (税込)
※未就学児童の入場不可。未成年者のチケット購入は、保護者の同意が必要です。


>>Official Web Site
ラリー・カールトン
  -ラリー・カールトンOfficial Web Site
  -ラリー・カールトンYouTube

リチャード・ボナ
  -リチャード・ボナOfficial Web Site
  -リチャード・ボナYouTube

ブルーノ―ト



●チケット発売情報


<一般発売>10:00~
チケットぴあ店頭・セブン-イレブン全店・ローソンチケット全店・ミニストップ全店・イープラス・ファミリーマート全店・CNプレイガイド・ブルックリンパーラー 博多 店頭

<電話予約>10:00~
チケットぴあ=0570-02-9999(Pコード:153-107)
ローソンチケット=0570-084-008(Lコード:83056)




ギター界、ベース界を代表するトップランナーが遂に出会う。ラリー・カールトンとリチャード・ボナのコラボレーションだ。
カールトンはジャコ・パストリアスやスタンリー・クラークら数々の名ベーシストと共演盤を残し、ボナはマイク・スターンやパット・メセニーら名ギタリストのグループに在籍経験があるものの、両者の共演は今回が世界で初めて。
ブルースをこよなく愛するラリー、“地球市民”を自認し独自のワールド・ミュージックを探求するボナ。演奏レパートリーは、両者の代表曲を中心に構成される予定だ。類まれなテクニックとセンスを持つふたりが、どんな“音の会話”を繰り広げるのか。一瞬も見逃せないステージになるはずだ。


「ラリー・カールトン バイオグラフィー」


1948年米国カリフォルニア州生まれ。6歳からギターを始め、’68年にアルバム・デビュー。’71年から’76年にかけてはザ・クルセイダーズのメンバーとしても活動し、‘78年に名曲「ルーム335」を含む代表作『夜の彷徨(さまよい)』をリリース。’97年から2010年にかけてはフォープレイでも演奏した。
これまで30種を超えるソロ・アルバムを発表し、4度グラミーを受賞(’81、’87、2001、2010年)。屈指のセッション・ギタリストとしても知られ、スティーリー・ダン『ガウチョ』、ジョニ・ミッチェル『逃避行』、クリストファー・クロス『南から来た男』、マリーナ・ショウ『フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ』、マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール』など数々の名盤に貢献している。
近作は松本孝弘との共演盤でグラミーに輝いた『Take Your Pick』、新録を含むコンピレーション・アルバム『Four Hands and a Heart, Volume One』。


「リチャード・ボナ バイオグラフィー」

1967年カメルーン共和国生まれ。音楽一家に育ち、4歳でバラフォン(アフリカの木琴)演奏を開始。5歳から村の教会で歌うようになり、11歳の時にギターを習い始めた。その後ジャコ・パストリアスのレコード『ジャコ・パストリアスの肖像』に感銘を受け、ベーシストとしての活動を開始。22歳でデュッセルドルフに移住し、間もなく拠点をパリに変更。
マヌ・ディバンゴ、サリフ・ケイタらと共演後、’95年N.Y.に移住した。ハリー・ベラフォンテの音楽監督、ジョー・ザヴィヌルの“ザヴィヌル・シンジケート”を経て、2001年にはマイク・スターン、2002年にはパット・メセニーのグループに参加(『Speaking of Now』でグラミー賞獲得)。
近年はアフリカ音楽とキューバ音楽を融合したプロジェクト“マンデカン・クバーノ”での活動も多い。ソロ・アルバムは『Scenes from My Life』(’99年)から『Heritage』(2016年)まで計9作をリリースしている。